2014年05月25日

遺伝子検査をする意義?

きっかけ作りとモチベーションの維持になります!

その意味では効果を最大限に上げるには、
自我が芽生える11-12歳頃までに結果がわかった方が良いでしょう☆

子供というのは、スポーツにしろ、勉強にしろ、音楽にしろ、趣味にしろ、
最初に何らかの好成績や感動を体験することで特定の活動に没頭していきます!

たまたま最初の釣りで大きな魚を釣ったとか、
たまたま最初の野球の第1打席でヒットを打ったとか、
カラオケで歌ったらいきなり高得点だったとか、そんな体験です♪

しかし勉強に関しては、
あらかじめ勉強しておかないと良い成績は絶対に取れません。
たまたま良い成績などありえないのです!

但し、遺伝子検査ならそれが可能になります!!!

それがきっかけ作りの意味です☆

しかも、我々は、良いか悪いかではなく、
暗記が得意タイプが、ヒラメキが得意タイプかといった解釈を提示します☆

つまり、ハズレくじのないおみくじのような形式で結果を提供しますから、
きっかけ作りとしては100%を保証できます♪

次にモチベーションの維持についてです☆

なんでもそうですが、成績というのは常に浮き沈みがあります。
競争相手の母集団が大きくなれば、それだけ順位も落ちます。

そういう時に戦略として、
自分にあった戦術を取っているんだという自信は、
努力をするモチベーションの維持において最も重要なものとなります♪


img_20140523-191249.jpg

 
posted by ひろ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。