2014年05月29日

子どもの才能を見抜くヒント

我が子には、どんな才能があるのだろう?
才能を伸ばして、素敵な人生を歩ませてあげたい。
そんな風に考える親御さんも多いのではないでしょうか。

ここでは、子供の才能を見抜くためのヒントを書いていきたいと思います。

才能とは?
よく、何かの分野で結果を出した子は、「あの子は才能がある」と言われます。
絵画の作品が優秀賞だった、ピアノのコンクールで優勝した、などです。
そもそも、才能とは一体何でしょうか?

才能の本質は、普段無意識に使っている考え方や行動のパターンです。
それは例えば、次のようなものです。
何かを表現する才能、何かを集める才能、
どんな人とも社交的に付き合える才能、人の強みを見抜く才能、
最高のものを創ろうとする才能。

挙げだしたらきりが無いほど、いろいろな才能があるのです。

ありがたいことに、どんな子供にも才能があります。

結果を出したから才能がある、何も結果を出していないから才能が無い、
ということは無いのです。

そして、探すのが難しいということもありません。

なぜなら、才能は普段当たり前のように使っているものだからです。


子供の才能を見抜く4つのヒント

1.気づくと子供がやっていること

うちの子は時間さえあれば○○をしている、
ふと見るといつも○○をしている、といったことはありませんか?

その活動の中に才能のヒントがあります。

あなたのお子さんは普段、どんな活動をしていますか?
そして、その活動に共通する行動パターンや考え方のパターンには、
どんなものがありますか?


2.子供が憧れている対象

子供たちには、ヒーローがたくさんいます。
どんなヒーローがいるのか、聞いてみましょう。
それは、プロのスポーツ選手かもしれませんし、歌手かもしれません。
あるいは、近所のおじさん、おばさんだったりするかもしれません。

かっこいい人、面白い人、美しい人など、様々でしょう。

憧れるということは、その子にもその才能があるということを意味します。

ただ、憧れの対象が歌手だからと言って、歌の才能があるとは限りません。
美しい声に憧れる子もいれば、多くの人たちに勇気を与えることに憧れる子もいます。

あなたのお子さんが憧れているのは誰ですか?
また、その人のどんなところに憧れているのでしょう?


3.周りのお母さん友達、ご近所さん、親戚から褒められたこと

「お宅の○○ちゃんは、◆◆なところがすごいよね」
などと言われたことはありませんか?

人から褒められることの中には、才能のヒントが隠れています。

子供の姿は家では当たり前に見られます。
そのため、親御さんは子供の持つ才能になかなか気づかない場合があります。

一方、家の外の人たちの目には、子供の才能がとても新鮮に映ります。
ですから、褒めてくれたことに対して、
「そう?こんなの普通じゃない?」と思ったら要注意です。

せっかく子供の才能を教えてくれているのに、
それを見過ごしてしまう可能性があるからです。

ぜひ、お子さんがどんなことで褒められるのか、
注意して聞いてみてください。

きっと、才能のヒントが見つかるでしょう。


4.何も教えていないのに一人でできたこと

お父さん、お母さんが子供に教えていないのに、
子供が一人でできてびっくりした、という体験はありませんか?

電車の絵を本物とそっくりに描いた、
テーブルの上にあった小銭の山を見て、いくらあるかを瞬時に計算した、
といったものです。

教わらなくてもできるのは、その子が自分の才能を活かしているからです。
子供からすると、いつも無意識のうちに使っている行動パターン、
考え方のパターンを表現したにすぎません。

ですから、子供に驚かされたという体験があれば、喜んでください。

まさに、それが子供の才能の表れだからです。


才能を見極める上で気をつけるポイント

1.常識の枠の中で考えない

才能には、こういう形のものでなければならない、
ということは一切ありません。

仮にそう考えたとしても、本来無意識のうちに使っているパターンが才能なので、
無理やり形を限定することは不可能でしょう。

固定観念にとらわれず、自由に才能を見つけていって欲しいと思います。

2.親の期待を押し付けない

時々、親御さんが夢に挫折したことがあったり、
人生が上手くいっていないと感じていることがあります。

感情的な痛みを癒せないままでいると、
子供に自分の期待を押し付けてしまうことがあるでしょう。

それが悪いとは思いませんが、
本来子供が持っている才能の芽をつぶしてしまうかもしれません。

親御さんの持つ才能と、子供の持つ才能は必ずしも同じものとは限らないからです。
もし、そんなことはしたくないなと感じたら、
もう一度、自分の感情と向き合ってみる必要があります。

本当はどうなりたかったのか、どれだけ悲しかったのか、
惨めだったのか、不安だったのか。

辛さと希望の両方を感じつくすことができれば、きっと大丈夫でしょう。

3.子供をよく観察する 子供の才能を見極めるためには、よく観察すること。

この一言に尽きると思います。 才能を探すのは難しいことではありません。
少し見方を変えるだけで、いろいろなヒントが見つかるでしょう。

ぜひ、楽しみながら子供の可能性を広げていってください。
img_20140523-191249.jpg

 
posted by ひろ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398215931

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。