2014年05月30日

NHKでも紹介! 人気急上昇中の遺伝子検査!

様々な細胞が集まって人の体はできています!

皮膚細胞は皮膚を、筋肉細胞は筋肉を作っています!

赤ちゃんには約3兆個の細胞が集まっています。
さらに大人になると約60兆個にもなるのです!

その細胞全てに「核」という物質があり、
その核の中には「染色体」という物質があります。

さらにその染色体は「二重螺旋DNA」から構造されています。

この二重螺旋DNAは2本の長いテープが螺旋を巻いているような構造のDNAです。

DNAは体の構造や生命活動に必要なたんぱく質を作るのに必要な
データベースのようなものです。

このデータベースのようなものであるDNAには様々なデータが並んでおり、
このデータの部分のことを「遺伝子」といいます。

DNAと遺伝子は切っても切れない縁なのです。

つまり、DNAというデータベースの中に
遺伝子というデータが沢山入っているということです。

このデータが個性を決めるのです。


img_20140523-191249.jpg

 
posted by ひろ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

アンパンマンが子どもたちに愛される理由とは?

その1…特徴的な容姿

はっきりした色合いなので、子どもが認識しやすいのかも。
服や鼻は子どもの好む赤、という点が子ども心をくすぐるのかなぁ。

アンパンマンってキャラが丸を基本としたふっくら顔で、
眼とか口とかも単純な形で描かれてるから、
小さい子にもわかりやすくて親しみがわく顔立ちだから。

目こそ小さいですがつぶらで黒々した丸っこい目、丸い顔、4等親くらいの身体。
小さい子供に共通する容姿をアンパンマンが持っているから。

その2…ストーリーが分かりやすい

絵本の物語性
(バイキンマンが悪いことをして、アンパンマンがやっつける、というヒーローストーリー)
が子供に受け入れやすいのかもしれません。

2歳くらいになると、あのストーリー展開や、
1話の短さも、非常に分かりやすいんだと思います。


その3…親の影響

親が見せるから好きになるんじゃないですかね?
親の私たちですら、別に好きでもないけど自然にアンパンマン、アンパンマンって言ってる。

また親が画用紙にちょこっと描きやすいですよね。

その4…登場キャラが親しみやすい

子どもの「知ってる」という喜び心をくすぐる無数にいるキャラ達・・・。
他のキャラクターはさまざまな形ですが、
レギュラーキャラのほとんどは身近なものが元ネタなので、親しみ易そう。

の他の意見 どこへ行っても見かける「アンパンマン」には親しみを持ちます。
いつも同じ物を見つけることで安定を見出すのだと思います。

img_20140523-191249.jpg

 
posted by ひろ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

原哲夫先生監修の鉄兜☆【北斗の拳】25周年記念作品・拳王兜(1/1スケール)








未だに、アニメ・マンガ史上の伝説といわれる

『北斗の拳』!!



あの伝説のアニメ・マンガの25周年の記念作品があることをご存知ですか?



作者の原哲夫先生が監修し、

受注生産で10頭しか作らない限定の鉄兜です。



ファンならば!

これをつけてアニメを楽しみましょう☆☆☆



拳王兜の情報は、
↓をクリック!!






 
posted by ひろ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。